歯の矯正中の頭痛について

歯の矯正中の頭痛について

歯の矯正は歯の移動なので、
自律神経に繋がっている歯を支えている歯根膜が刺激を受けます。

自律神経は人間のとても大事な神経です。
この自律神経が原因で身体にさまざまなトラブルがでてしまうことも。

歯の矯正中の頭痛は口の中のストレスによるものや、
寝ている間の歯ぎしり、歯の食いしばりによって起きたりします。

歯ぎしりや食いしばりの酷い人は、頭が痛くなったり、
腰が痛くて立てなくなったり、
肩こりが酷かったり、首が動かなくなったりします。

そもそも、食いしばっていると筋肉が硬直して血流が悪くなります。
肩こりや首のこりが酷い人は同時に頭痛を起こしやすいですよね。

私が矯正していたときは、腰が動かなくなってひとりで立てなくなりました。
病院にいくと、それは歯の食いしばりによる筋肉の硬直が原因でした。

普段は歯ぎしりや食いしばりをしたことはなかったのですが、
矯正中はよくありました。朝起きると顎と身体が疲れているんです。

頭痛も気づかない歯の食いしばりなどが原因となっていることがおおいのです。

あまりにも酷い場合は歯医者さんに相談して、
ナイトガードなどを作ってもらいましょう。


ホワイトニング取材
歯のホワイトニング体験取材
@審美歯科ホワイトホワイト
審美歯科ホワイトホワイト ホワイトニング体験取材

矯正前の準備!
歯の矯正中に歯が痛くてなにも集中できないときにはDVDで映画鑑賞をおすすめします。私はネットでDVDレンタルをして24を集中して見て痛みを紛らわせました!歯の矯正装置をつける前に大量にDVDをレンタルしておくことをお忘れなく!TSUTAYA DISCASなら延滞料金なしだから安心、親知らずを抜いて顔が腫れて外出できないときも返却日を心配しなくてOKです!



DVD