歯磨き粉と経皮毒

歯磨き粉と経皮毒

はみがき粉って、貴方はどのくらい使っていますか?
歯医者さんでは、歯磨き粉を付けなくても歯がツルツルになるように歯ブラシ指導をしてくれますよね。

歯みがき粉というのは、歯の洗剤。
歯のシャンプーだと思ってください。

CMなどで、歯ブラシにたっぷりと歯みがき粉をつけて歯を磨く様子などが見られますが、歯医者さんは、歯みがき粉は、ほんの少し付ければいいといいます。

なぜなら、歯みがき粉をたっぷり付けたところで、歯みがき粉に含まれるメンソールの刺激により丁寧に歯を磨けなかったり、歯を磨いたつもりになってしまう人がおおいからです。

また、ちょっと怖い話しですが、歯みがき粉には界面活性剤も含まれているものが多く、経皮毒といって、問題になっています。


経皮毒(けいひどく)とは、日用品の有害化学物質で慢性毒性の強いものです。
最近では、資生堂のTSUBAKIというシャンプーが売れましたが、そのTSUBAKIには界面活性剤の代表ラウリル硫酸ナトリウムが含まれているということで、ライブドアニュースでも話題となりました。

http://news.livedoor.com/article/detail/2764821/

TSUBAKIには頭皮のバリアを壊し髪のトラブルの元になる合成界面活性剤を11種類も配合。ということで話題となりました。

さて、このラウリル硫酸ナトリウム、歯みがき粉にも入っているってご存知でしたか?私は最近知りました。


ラウリル硫酸ナトリウムは、少量でよく泡が立ので歯みがき粉も原料として使用しているメーカーも多いんです。

シャンプーに使われていて、身体に悪い、脱毛の原因とされる界面活性剤入りの歯みがきをたっぷり歯ブラシに付けて磨くのは怖いですよね。


最近美肌の神様といわれる佐伯チズさんがオイルクレンジングは界面活性剤がたくさん入っているから、老いるクレンジングだ。と著書で書かれていて、オイルのメイク落としをやめる女性が増えました。


歯磨き粉もできれば、界面活性剤の入っていないものに換えるといいですね。
口内炎ができにくくなるひともいるそうです。


デトックス(解毒)が流行っていますが、まずは毒を身体に入れないことから始めてみては。

私はこれをオススメします!


界面活性剤の入っていない歯みがき粉
【この商品の詳細】
今、お使いの歯磨き粉を裏返してみて下さい。

フッ素、ラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコール、キシリトール…… といった成分が書かれていると思います。
これらは、通常の歯磨き粉や歯周病に効果があると言われている歯磨き粉などによく含まれている成分です。

これらの成分は、全て科学的に合成された成分や人工添加物です。体の他の部分と比べ神経の数が多い上、直接体内に繋がっている口の中は、特にこれらの化学成分の影響を受けやすく、人によってはアレルギーや口の中が荒れてしまうといった問題を起こしてしまうこともあります。

「デンタルミラクル」は、殺菌効果や消臭効果などに優れた天然の果物や植物だけを使用。また、通常の歯磨き粉はペースト状になっていますが、ペーストにするためにも化学成分を使う必要があるため、敢えて粉末状に加工。歯や歯茎をイタズラに刺激しないため、安心してお使い頂けます。そのため「デンタルミラクル」は、デンタルケアについては世界一厳しいと言われているアメリカで、多くの歯科医に勧められ、色々な雑誌でも紹介されている人気商品となっています。

brilliant_teeth at 21:27│Comments(0)clip!歯みがきアイテム | 歯と病気

歯磨き粉と経皮毒にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ホワイトニング取材
歯のホワイトニング体験取材
@審美歯科ホワイトホワイト
審美歯科ホワイトホワイト ホワイトニング体験取材

矯正前の準備!
歯の矯正中に歯が痛くてなにも集中できないときにはDVDで映画鑑賞をおすすめします。私はネットでDVDレンタルをして24を集中して見て痛みを紛らわせました!歯の矯正装置をつける前に大量にDVDをレンタルしておくことをお忘れなく!TSUTAYA DISCASなら延滞料金なしだから安心、親知らずを抜いて顔が腫れて外出できないときも返却日を心配しなくてOKです!



DVD